難しい相続問題

美容外科でほくろ除去をする際の流れ

ほくろ除去に興味があっても、なかなか手術に踏み切れない方は多いかと思います。
そんなほくろ除去の申し込みから手術の流れをご紹介します。
ほくろ除去は美容外科も行う皮膚科で受けることができます。まずは普通の皮膚科なのか、美容皮膚科も行っているのか確認して申し込みます。申し込みの際、または事前に金額など相談もできます。ほくろの大きさにもよりますが、2,3ミリの小さなほくろであれば簡単な説明で手術に入ることもありますが、基本的には事前に手術の予約を取ります。手術を行う前に、ほくろの写真を撮り、病院の記録として残します。興味のある方は刺青除去 鹿児島で、お調べ下さい!
手術は、切開法やレーザー除去などありますが、小さいほくろであれば炭酸ガスレーザーで除去します。部分麻酔を施すため、手術時の痛みは感じませんが、部位によっては麻酔の注射が痛い場合があります。炭酸ガスレーザーの場合、実際の手術は10分程度で終わります。念のため、除去したほくろが悪性でないことを確認するためほくろは大学病院へ送られます。手術終了後も写真を撮り、手術後の注意点を説明され終了となります。この時に薬を渡されますが、完全に元の皮膚の色に戻るまで数か月かかるため、医師の説明に従って正しくケアしましょう。