難しい相続問題

庭木の剪定とゆずの木について

庭の手入れを造園業者さんに任せたおかげで家屋への日当たりも非常に良くなり、庭がものすごく明るくなりました。ただし、ひとつだけ困った点もあります。それは庭にあるゆずの実が全然ならなくなったことです。
手入れを頼むまでは毎年花がたくさんつき、夏から秋にかけて山のような実がなったのですが、手入れをしてもらうようになってからはさっぱりと実がならなくなりました。別の場所にある木と比べて観察してみたところ、原因がなんとなくわかってきた気がします。それはゆずの木の花は木の一番外側の部分の伸びて2年目の枝に多くつくということです。参考にしてくださいね福岡 ガーデニングがおすすめ。

 

枝の部分から新しく芽が出て枝となり、その枝に次の年に実がなるのですが、それを全部剪定してしまっているので、なかなか花がつかないようです。主に形を整える庭木の選定と実をならせるための剪定とは違うようで、そのゆずの木だけは剪定をしないでおいてもらうようにして、枝の込み入った部分だけ自分で剪定をするようになるとまたたくさんの実をつけるようになりました。